Filter by:

System cooling 101

システム冷却の基本:システムを低温に保つ10の簡単な方法

ゲーマーでも、コンピューターの一般的ユーザーでも、システム温度を常に監視していない場合、システム内のコンポーネントに過熱のリスクがあります。コスト効果の高い、システムを低温に保つ10通りの方法をご紹介します。

 

  1. システムを窓や通気口から離れた場所に置く。

    コンピューターの設置場所に注意しましょう。特に室温の高い場所に設置していませんか。システムは、熱が放出される通気口や温度変化の起こりやすい場所(窓の近くなど)には設置しないようにします。単にシステムの置き場所を変えることでシステムを低温に保てるようになることがよくあります。

  2. システムに空気の流れるスペースを確保する。

    コンピューターが置かれている場所を確認し、空気の流れを遮ったり、制限したりするものを取り除きましょう。良好なパフォーマンスを維持するには、コンピューターのすべての面の周囲に約5~7.5センチ(2~3インチ)の空間を確保するようにします。コンピューターデスクも確認してみてください。締め切ったキャビネットや引き出しにシステムが押し込まれていませんか。囲まれた場所にあるシステムは、過熱のリスクが高くなります。

  3. システムのケースを閉じておく。

    感覚的に矛盾するように思えるかもしれませんが、ケースを開けても内部の温度調整には役立ちません。ケースを閉じておくことで、冷却ファンへの埃やごみの影響を抑え、システム温度の上昇を一定に保つことができます。ファンの汚れが多くなりすぎると、回転が低下、または停止する恐れがあります。ケースは空気を効率よく処理するよう設計されています。ファンによってケース内に空気が適切に入る状態であれば、システム内のさまざまなコンポーネントの信頼性を維持できます。

  4. ファンのクリーニングを行う。

    埃や汚れは、過熱防止の最前線ともいうべきファンを損傷する可能性があります。ケースを開くと、CPUの上に1つ、電源装置内に1つに加え、ケースの前面や背面に1つ以上という具合に、いくつかのファンがあるはずです。コンピューターの電源を切り、スプレー缶のエアダスターですべてのファンの汚れを取り除きます。クリーニングの際に掃除機は使用しないでください。掃除機を使うと、熱以上に深刻な損傷を招くことが多い静電気の発生の原因となります。

  5. CPUのファンのアップグレード。

    CPUがコンピューター内で最も繊細で高価なコンポーネントの1つであることは疑いようもなく、過熱する可能性が極めて高い部品でもあります。ほとんどのCPUには、プロセッサが動作を維持できる程度に冷却するよう設計された簡素なファンがあらかじめインストールされているだけです。このような理由から、CPUを低温に保つのに役立つ、良質なCPUファンへのアップグレードを検討することをお勧めします。ただし、CPUファンは、いかに優れた設計あっても、ケース内での最低温度に冷却できるだけであるということを覚えておいてください。

  6. ケースファンの追加。

    CPUファンのアップグレードは手始めですが、ケースファンを追加することも大きな補助になります。 性能を高めるメモリやグラフィックカードは多量の熱を発生させるため、ケースファンをシステムの前面と背面に取り付けることで、コンポーネントへの空気の流れの向上に役立ちます。Ballistixをお使いの多くのお客様は、 コンピューターに冷気を流し込むファンを1つ、PCから温風を排出するファンを1つ、合わせて2つのケースファンを取り付けることを選択します。ケースファンの追加を決めた場合は、吸気と排気のレベルが一致することを確認してください。なぜなら、たとえば80㎜のファンをケースの前面に、120㎜のファンを背面に取り付けてしまうと、この差が空気の滞留と負圧を生み、過熱の危険性が高まります。

  7. メモリ用の冷却ファンの追加。

    メモリはお使いのシステム内で過熱する可能性がきわめて高いコンポーネントの1つです。温度を低く保つためには(特にオーバークロックの際)、システムのメモリ周辺に空気が流れない場所がないようにするBallistixアクティブ冷却ファンをお勧めします。

  8. お使いのシステムの電源ファンの確認。

    PCの電源装置には統合型のファンが付いています。ケースファンがない場合は、電源ファンがシステム内から熱風を押し出す唯一の手段となります。適切に作動していないと、システムはすぐに高温になります。電源ファンが作動していない場合は、早急に交換してください。

  9. 水冷キットを入手する。

    ハイエンドのCPUやオーバークロックコンポーネントを搭載したゲーミングシステムでは、多くの場合、最速のファンでも上昇する温度に追いつくことができません。この問題を解決するために、多くのゲーマーは、CPUを冷却する方法として水冷キットを選択しています。水冷キットでは、完結型のチューブに入った冷水をポンプでCPUに送り込みます。その後、その水を冷やすことができる場所に送り出し、さらにCPUを冷却するために戻す前に水の温度を下げます。技術的な取り付けを自分で行うことに不安がなければ、水冷キットは安全かつ比較的手頃な手段です。

  10. オーバークロックに十分な対策を取る。

    オーバークロックでは、コンポーネントのパフォーマンスを最大限に活用することができますが、システムの能力を極限まで高めるため、たいていの場合システムが高温になります。Ballistix Tactical TracerまたはBallistix Eliteモジュールでオーバークロックを行っている場合、当社のカスタムBallistix M.O.D.ユーティリティを使用してリアルタイムで温度を監視することができます。どの程度のオーバークロックを行っているかにかかわらず、システムの冷却能力を向上させるために、十分な対策を取るようにしましょう。

    システムを低温に保つのは難しいことではありません。ほんのいくつかの簡単な手順ですばやく、これまでよりさらに持続可能なレベルでお使いのシステムを実行することができます。今すぐ実践してみることで、節約とシステム寿命の向上につながるでしょう。