Filter by:

4GBのメモリを取り付けても、Windows®コンピューターが4GB全体を認識しない理由

お使いのシステムのマザーボードが受け入れられるメモリ容量の上限に加え、オペレーションシステム(OS)にも受け入れられるメモリ容量の上限があります。たとえば、32ビットのMicrosoft® Windows® OSに4GBのメモリを取り付けたときに、システムが利用可能なメモリのうち、3GBまたは3.5GBしか認識しない場合があります。このような状態になっても心配は無用です。購入し取り付けたメモリに問題はありません。問題の中心は、OSが対応できるメモリの量にあります。

Windows OSは取り付けられる物理メモリについて、最大4GBを受け付けますが、これは4GBのメモリが利用可能ということではありません。というのも、システムのメモリの一部は(取り付けた容量にかかわらず)、グラフィックスカード、PCIカード、統合型ネットワーク接続などのデバイスを実行するために確保されています。したがってメモリの一定量は、有効なメモリとして使用できないことがあります。

システムは起動時にデバイスを実行するために必要なメモリの量を計算します。システムに物理的に取り付けるメモリの量の上限に達している場合、デバイスを実行するために必要なメモリの量が、利用可能なメモリから差し引かれます。このため、すべての物理メモリを使用できません。ただし、物理的なメモリの上限に達していない場合は、すべてを使用することができます。

OSが認識する最大メモリの量はオペレーティングシステムのタイプやバージョンによって異なります。さまざまなOSのタイプを比べると、32ビットのオペレーティングシステムはローエンドの消費者向けのものが多く、64ビットはヘビーユーザーや企業ユーザー向けに設計されています。こちらでコンピューターがWindowsオペレーションシステムの32ビット版と64ビット版のどちらで動作しているかを確認する方法を紹介しています

最近のWindowsのバージョンにおける物理メモリの制限は以下のとおりです。

Windows 8

Windows 8 (32ビット)

Windows 8 (64ビット)

Standard: 4GB

Pro: 4GB

Enterprise: 4GB

Standard: 128GB

Pro: 512GB

Enterprise: 512GB

Windows Server

Windows Server 2012 (64ビット)

Windows Server 2008 (32ビット)

Storage Server Workgroup: 32GB

Foundation: 32GB

Essentials: 64GB

Standard: 4TB

Storage Server Standard: 4TB

Datacenter: 4TB

Hyper-V: 4TB

 

 

 

 

Standard: 4 GB

Web Server: 4 GB

Enterprise: 64 GB

Datacenter: 64 GB

 

Windows Server 2008 (64ビット)

Standard: 32 GB

Web Server: 32 GB

Small Business Server: 32GB

Enterprise: 1 TB

Datacenter: 1 TB

Windows Serverユーザーへの注意事項:一部の32ビットMicrosoftサーバーオペレーティングシステムは、物理アドレス拡張(PAE)により、4GBを超えるメモリをサポートします。詳細についてはこちらのMicrosoftナレッジベースの記事 を参照してください。

 

Windows 7

Windows 7 (32ビット)

Windows 7 (64ビット)

Starter: 2GB

Home Basic: 4GB

Home Premium: 4GB

Professional: 4GB

Ultimate: 4GB

Enterprise: 4GB

Home Basic: 8GB

Home Premium: 16GB

Professional: 192GB

Ultimate: 192GB

Enterprise: 192GB

Windows Vista

Windows Vista (32ビット)

Windows Vista (64ビット)

Starter: 1 GB

Home Basic: 4 GB

Home Premium: 4 GB

Business: 4 GB

Enterprise: 4 GB

Ultimate: 4 GB

Home Basic: 8 GB

Home Premium: 16 GB

Business: 128 GB

Enterprise: 128 GB

Ultimate: 128 GB

Windows Vistaユーザーへの注意事項:MicrosoftはService Pack 1で設置メモリの制限の問題に対処しています。4GBを超えるメモリを処理できるシステムボードに加え、x64の命令とメモリの再マッピングを処理できるプロセッサがあれば、Vista SP1が有効です。Windowsとドライバースタックの性質上、Windowsはドライバーの互換性で問題が生じる可能性を回避するためにハイメモリエリアへのロードを行います(一方、32ビットのWindows Vistaでは、使用可能なメモリ合計が3.12 GBに制限されています)。VistaSP1には、ほかにもコンピューティング機能を高める機能が組み込まれているため、まだご利用でない方には、追加をお勧めします。

 

Windows XP

Windows XP (32ビット)

Windows XP (64ビット)

Starter Edition: 512 MB

Home: 4 GB

Professional: 4 GB

Home: 128GB

Professional: 128GB

Windows XPユーザーへの注意事項:設置メモリの制限の問題は物理アドレス拡張の設定を編集することで表面上修正できます。