Filter by:

ノートパソコンのメモリを増設する方法

必要な装備

  • 互換性のあるCrucialメモリモジュール
  • 先端部分に磁力を帯びていないドライバー(コンピューターのカバーを取り外すために使用)
  • システムのオーナーズマニュアル

ご注意

  • 静電気により、システムのコンポーネントが損傷する場合があります。取り付け作業中にシステムのコンポーネントを損傷から保護するため、内部コンポーネントを扱う前に、コンピューターのフレームの塗装されていない金属面に触れるか、ESD対策リストストラップを身に着けます。どちらの方法も体内に自然に存在する静電気を安全に放電します。
  • メモリモジュールを扱う場合は、親指と人差し指を使用して必ず端を持ちます。損傷する可能性があるため、コンポーネントと金色のピンコネクタには触れないでください。

Mac®の場合の特別な注意事項

コンピューターの種類(ノートブック、デスクトップ)にかかわらず、ほぼすべてのMacシステムがノートパソコンのメモリ(SODIMM)を使用しています。Macシステムにメモリを増設するには、以下のノートブック取り付け手順またはCrucial.comのシステムに特化したMac取り付けガイドのライブラリを参照してください。Macワークステーションにメモリを増設するには、下記のデスクトップの取り取り付ける方法をご覧ください。

ノートパソコンへの取り付け手順(SODIMMモジュール用)

  1. 静電気が起きない場所で作業してください。作業スペースからビニール袋や紙は取り除きます。
  2. システムをシャットダウンします。システムの電源が切れたら、電源ケーブルを抜き、バッテリーを外します。
  3. 電源ボタンを3~5秒押し続け、残留電気を放電します。
  4. 取り付け作業中に新しいメモリモジュールとシステムのコンポーネントを損傷から保護するため、パソコンにメモリ増設の前はフレームの塗装されていない金属面に触れます。
  5. オーナーズマニュアルを確認して、ノートブックのメモリスロットを見つけ、アクセスします。注:ノートブックでは多くの場合、複数の場所にメモリスロットがあります(キーボードの下や後ろ側の下など)。オーナーズマニュアルを再確認して、システムのすべてのメモリスロットの位置を確認してください。
  6. 必要に応じて既存のモジュールを取り外します。各スロットに高密度モジュールを実装することで、システムのパフォーマンスを最大限に引き出せます。
  7. モジュールのノッチをスロットのすじに合わせます。モジュールを45度の角度でしっかりと押し、スロットの端のクリップが両側にカチッとはまるまで押し下げます。正しく設置できた場合、金色のピンがわずかに1/16インチ程度見えるはずです(紙に鉛筆で線を書いたときの幅)。ほとんどのノートブックのメモリモジュールは個別に取り付けられますが、一部は「バンク」と呼ばれる一対の組み合わせで取り付ける必要があります。メモリバンクは明確に表示されているはずですが、オーナーズマニュアルで確認してください。
  8. 新しいモジュールの取り付けが完了したら、システムを組み立て直し、バッテリーを接続し直します。これで取り付けは完了です。

役立つヒントとトラブルシューティングのヒント

システムが起動しなくなった場合は、以下を確認してください。

  1. エラーメッセージが表示されたり、警告音が鳴ったりした場合は、システムが新しいメモリを認識していない可能性があります。モジュールをいったん取り外し、モジュールがソケットにしっかりと固定されるよう取り付け直してください。
  2. 取り付け後にシステムが起動しなくなった場合は、コンピューター内の接続をすべて確認してください。衝撃が加わると、ケーブルは簡単にコネクタから外れ、ハードディスクやCD-ROMなどのデバイスが使用できなくなります。以上の対処の後もシステムが再起動しない場合は、Crucialのテクニカルサポートまでご連絡ください。
  3. システムを再起動した際、システム構成の設定の更新を求めるメッセージが表示される場合があります。詳細については、オーナーズマニュアルを参照してください。ご不明な点については、Crucialのテクニカルサポートまでご連絡ください。
  4. メモリ不適合のメッセージが表示された場合は、プロンプトに従って[セットアップ]メニューへの入力を済ませ、[保存]、[終了]の順にクリックします(これはエラーではありません。一部のシステムではシステム設定更新時にこのステップが義務付けられています)。

 

以下のような問題が発生した場合は、Crucialのテクニカルサポートまでご連絡ください。

 

  1. モジュールと形状が合わない場合。無理にモジュールをソケットに押し込まないでください。
  2. システムが新設モジュールのメモリの半分しか認識しない場合。