ストアを選択

United States (USD) European Union (Euros) United Kingdom (GBP) Francais (Euros) Italiano (Euros) Germany (Euros) Japan (YEN) 中国 (亚洲)

デスクトップにメモリを取り付ける方法

必要な装備

  • 互換性のあるCrucialメモリモジュール
  • 先端部分に磁力を帯びていないドライバー(コンピューターのカバーを取り外すために使用)
  • システムのオーナーズマニュアル

ご注意

  • 静電気により、システムのコンポーネントが損傷する場合があります。取り付け作業中にシステムのコンポーネントを損傷から保護するため、内部コンポーネントを扱う前に、コンピューターのフレームの塗装されていない金属面に触れるか、ESD対策リストストラップを身に着けます。どちらの方法も体内に自然に存在する静電気を安全に放電します。
  • メモリモジュールを扱う場合は、親指と人差し指を使用して必ず端を持ちます。損傷する可能性があるため、コンポーネントと金色のピンコネクタには触れないでください。

デスクトップへの取り付け方法(DIMMモジュール用)

  1. 静電気が起きない場所で作業してください。作業スペースからビニール袋や紙は取り除きます。
  2. システムをシャットダウンします。システムの電源が切れたら、電源ケーブルを抜きます。
  3. 電源ボタンを3~5秒押し続け、残留電気を放電します。
  4. コンピューターのケースカバーを外します。この方法については、オーナーズマニュアルを参照してください。
  5. 取り付け作業中に新しいメモリモジュールとシステムのコンポーネントを損傷から保護するため、メモリと内部コンポーネントを扱う前に、コンピューターのフレームの塗装されていない金属面に触れるか、ESD対策リストストラップを身に着けます。
  6. オーナーズマニュアルを確認して、デスクトップのメモリスロットを見つけます。
  7. 必要に応じて既存のモジュールを取り外します。各スロットに高密度モジュールを実装することで、システムのパフォーマンスを最大限に引き出せます。
  8. モジュールのノッチをメモリスロットのリッジに合わせます。しっかりと均一な圧力でモジュールを差し込み、スロットのサイドのクリップがスナップして固定されるまでモジュールを押し込みます。(注:モジュールの取り付けには最大30ポンド程度の圧力が必要です)。複数のメモリスロットが空いている場合、スロット番号が低い方から実装してください。マザーボード上に数字が見当たらない場合は、実装済みスロットに一番近い空きスロットから実装してください。必要に応じ、オーナーズマニュアルを参照してください。
  9. 新しいモジュールが取り付けられたら、コンピューターのケースカバーを元に戻し、電源コードを再接続します。これで取り付けは完了です。

役立つヒントとトラブルシューティングのヒント

システムが起動しなくなった場合は、以下を確認してください。

  1. エラーメッセージが表示されたり、警告音が鳴ったりした場合は、システムが新しいメモリを認識していない可能性があります。モジュールをいったん取り外し、モジュールがソケットにしっかりと固定されるよう取り付け直してください。
  2. 取り付け後にシステムが起動しなくなった場合は、コンピューター内の接続をすべて確認してください。衝撃が加わると、ケーブルは簡単にコネクタから外れ、ハードディスクやCD-ROMなどのデバイスが使用できなくなります。以上の対処の後もシステムが再起動しない場合は、Crucialのテクニカルサポートまでご連絡ください。
  3. システムを再起動した際、システム構成の設定の更新を求めるメッセージが表示される場合があります。詳細については、オーナーズマニュアルを参照してください。ご不明な点については、Crucialのテクニカルサポートまでご連絡ください。
  4. メモリ不適合のメッセージが表示された場合は、プロンプトに従って[セットアップ]メニューへの入力を済ませ、[保存]、[終了]の順にクリックします(これはエラーではありません。一部のシステムではシステム設定更新時にこのステップが義務付けられています)。

以下のような問題が発生した場合は、Crucialのテクニカルサポートまでご連絡ください。

  1. モジュールと形状が合わない場合。無理にモジュールをソケットに押し込まないでください。
  2. システムが新設モジュールのメモリの半分しか認識しない場合。
アップグレードを見つける2つの方法

Crucial Advisorツール
パソコンのメーカー名・モデル名がお分かりの方は、こちらのツールをご利用ください

Crucial System Scanner
パソコンのメーカー名・モデル名が分からない方は、こちらのツールをご利用ください

help desk software