ストアを選択

United States (USD) European Union (Euros) United Kingdom (GBP) Francais (Euros) Italiano (Euros) Germany (Euros) Japan (YEN) 中国 (亚洲)
古いコンピューターはアップグレードと交換のどちらがおすすめ?

旧式のコンピューターにはアップグレードと交換のどちらがおすすめ?

2倍のITマネージャーがアップグレードを選択 – その理由

システムの動作が遅くなった場合や、従業員が古いコンピューターについて不満を漏らしている場合、IT部門では常態となっている時間と資金の不足に対処しながら、問題を解決するのに最適な方法は何でしょうか。問題の根本的な原因が単なるユーザーエラーではなく、ハードウェアにある場合、システムのアップグレードまたは交換のいずれかを行うことになります。新しい調査によると、2倍以上のITマネージャーがシステムの交換ではなくアップグレードを選択しています。とはいえ、どちらの方法も、正しく行えば効果を得られます。以下では、350名を超えるITマネージャーの決定とその理由、それぞれの方法の効果を最大限に引き出し、少ない費用でパフォーマンスを向上させるヒントをご紹介します。1

質問1 – ITマネージャーへの質問:
デスクトップやノートブックの動作が遅くなった場合やパフォーマンスの問題が発生した場合、通常、どのように対処しますか?

コンピューターをアップグレードするか交換するかの決定は、多くの場合、時間、予算、もしくはその両方の制約の影響を強く受けます。システムをアップグレードする場合、一般的には、RAMの増設、または既存のハードディスクを、275GBのCrucial® MX300 SSDなどの小容量のSSDに交換することが必要になります。旧式のシステムのハードディスクを再イメージングおよび再デプロイするにあたっても、SSDは理想的な選択肢です。高速処理が可能なうえに価格も手頃なためです。


デスクトップコンピューターやノートブックコンピューターの動作が遅くなった場合、コンピューターのアップグレードと交換のどちらがおすすめですか。

質問2:
デスクトップやノートブックをアップグレードするか交換するかを決める主な理由は何ですか?

ITマネージャーが、通常、旧式のシステムのアップグレードまたは交換を選択する理由

コスト効率は、ITマネージャーの決定の理由となる基本的な原則であり、多くのITマネージャーがシステムの交換ではなくアップグレードを選択する主な理由にもなっています。


質問3:
お客様の組織での、デスクトップやノートブックの標準的な更新サイクルはどれくらいですか?

デスクトップPCやノートブックPCの標準的なビジネスハードウェアの交換/更新サイクル

調査対象のITプロフェッショナルうちの大半は、標準的な更新サイクルは3~4年ごとだと答えています。ただし、小規模な企業ほど、各システムをより長く使用する傾向があり、寿命が尽きるまでシステムを使用することを選択する企業も多数存在します。そのため、多くの場合ITマネージャーは、既存のシステムを数年ごとにアップグレードして、できる限り長くシステムを使えるようにします。


ほかのITプロフェッショナルから学ぶ:クライアントシステムのアップグレードが適している場合と交換が適している場合の比較

メモリ(RAM)とストレージのアップグレードが必要な古いコンピューターシステム

アップグレードが適している場合

古いシステムやPCを交換するための新しいコンピューター

交換が適している場合

  • システムをすでにアップグレード済みの場合や、システムをアップグレードする価値がない場合。CPUがIntel® Core i3以前の場合、メモリテクノロジーがDDR2以前の場合、またはシステムに搭載できるRAMが4GBまでの場合
  • 資金よりも時間の方が限られていて新しいシステムの予算をすでに組んでいる場合や、交換資金が十分ある場合
  • コンピューターで、ハードウェア要件の増大を伴う新しいOSまたはアプリケーションを実行する必要があり、コンピューターを交換した方が簡単な場合
  • 大量購入による割引が適用されるほどシステムを交換できる場合(または、大量購入による割引を交渉できる材料がある場合)

アップグレードのヒント
RAMとSSDの両方を追加しましょう。RAMを増設するとアプリケーション内パフォーマンスを向上させることができます。また、SSDを使用すると、あらゆる処理が高速になります。さらに、故障しやすい機械的なハードディスクをSSDに交換することで、システムの寿命を延ばすことができます

交換のヒント
SSDが事前に取り付けられた、最小容量のRAMが搭載されたシステムを購入しましょう。購入後に、エンドユーザーのニーズに応じて、RAMをアップグレードしてください

結果:
処理速度が改善し、生産性が向上する


結論

足りないものは何でしょう。時間、資金、それとも両方ですか。多くのITマネージャーがアップグレードを選択する傾向にありますが、この選択は多数の変動要因が関わる難しい決断です。資金が限られている場合、通常は交換の前に、アップグレードを検討することをおすすめします。ただし、時間の方が限られている場合や、予算に柔軟性がある場合、旧式のシステムを交換した方がよい場合もあります。問題のある古いドライブを再イメージングおよび再デプロイすることを検討している場合には、ドライブをより高速で信頼性の高いものに交換する良い機会になる可能性もあります。お客様の組織の文化とITに固有の事情を詳しく知っているのは、お客様ご自身です。お客様とユーザーにとって最適な方法を選択してください。どちらの方法でも、求める結果は同じです。処理速度を改善し、生産性を向上させることです。


SSDを購入     メモリを購入

互換性のあるアップグレード。保証。簡単に使える2つのツールで適切なアップグレードを検索します。

役立つリソース

IT予算をできる限り活用する方法
6倍速で処理する方法
SSDがいかにデータセキュリティを強化し、組織を守るか