Filter by:

How to find server memory that's built for business

ビジネス向けに設計

ビジネス向けに設計されたサーバーメモリ増設の選び方

サーバーメモリは組織の原動力となります。お使いのRAMはタスクを果たしていますか。

ネットワークの運用からオペレーティングシステムや仮想化アプリケーションの実行に至るまで、サーバーは大量のITワークロードを処理します。サーバーのパフォーマンスは、サーバーのメーカーやモデルで決まるわけではありません。搭載されているメモリ、プロセッサ、ストレージコンポーネントがすべてです。ただし、注意点があります。メモリはアクティブデータが存在する場所であるため、メモリを使いきってしまうと、パフォーマンスに多大な制限がかかります。

作業負荷のパフォーマンスを最大化する最も簡単で手頃な方法の1つは、メモリ性能を最大化することです。それにはまず、質の高いコンポーネントが必要です。サーバーメモリを選択する際に重視すべき3つのポイントをご紹介します。

  1. 部品を組み立てただけではない、はじめから終わりまで一貫生産されたサーバー用メモリを探す

    業界でDRAMの主要コンポーネントメーカーとされるのは、Micron、Samsung、SK Hynixの3社のみです。これが重要とされる理由は次の2つです。
    • 多くのサードパーティブランドがコンポーネントメーカーを名乗っていますが、実際は異なるベンダーのさまざまなコンポーネントを使ってサーバーモジュールを作る組立メーカーです。
    • 自社メモリを製造しないサーバーメーカーが、サーバーを製造しています。モジュールにサーバーメーカーのラベルが表示されているのは、モジュールは他社によって製造され、ブランド名が付けられていることを意味します。
    メモリがはじめから終わりまで一貫生産されていない場合、品質や信頼性はそれほど高くなく、欠陥率が高くなる場合があります。品質の良いメモリのコストよりきわめて高くつくダウンタイムのリスクを避けなければなりません。最高レベルの品質と信頼性は、シリコンの選択からモジュールの完成まで、メモリのすべての側面をテストし、生産のすべての段階で監視を行い、確認のために再度テストすることにより確保できます。Micronのブランドの1つであるCrucialサーバーメモリは、そのように製造しています。
  2. 互換性だけではなくさらなる価値を

    サーバーに互換メモリをインストールするだけでは十分とはいえません。IT予算を最大限に活用するには(a)サーバーおよび(b)サーバーの保証に準拠する手頃なメモリが必要です。事実上どのサーバーにも両方の点で互換性があるメモリの選び方は、 Memory Advisor™ ツールにサーバーのメーカーとモデルを入力して、互換性がある手頃なアップグレードのリストを入手するだけです。
  3. メーカーがCPUおよびプラットフォームの開発者と緊密に連携していることを確認する

    長期にわたって使用できるように設計されたサーバーメモリは、業界における長年の関係性、複数の製品サイクルを通じた技術コラボレーションを土台として作り上げられたものです。Micronのブランドとして、CPUおよびプラットフォーム開発で業界をリードする企業と緊密に連携し、サーバーおよびマザーボードのメーカーと協力することでチャネルを実現しています。サーバーのチップセットやプラットフォームが一般リリースされる前に、最適な性能と適合性を発揮できるよう、広範なテストを実施しています。




結論:妥協してはならない

サーバーメモリを評価する際、品質、適合性、性能に関しては表に現れやすいですが、企業レベルの投資を検討する場合には、緻密な精査が要求されます。現代のビジネスの厳しい基準に合わせて設計されたコンポーネントを選択してください。サーバーへの要求は365日、24時間、絶えず増え続けているため、コンポーネントの選択は、組織の成功を左右する決定となります。