ゲーミングPCにおすすめのスペックとは?

ゲーミングPCを自作すると決めたものの、お気に入りのゲームに必要なスペックがわからない場合は、MicronのガイドでゲーミングPCにおける設定の最新スペックを確認できます。

ガイド: ゲーミングPCにおすすめのスペック

ゲーミングPCに適したスペックは、予算、好きなゲームのタイプ、通常設定と最大設定のどちらでプレイするか、デザインへのこだわりなど、状況に応じて変わります。

スムーズで鮮明なゲーム体験を実現するには、すべて相互に連携可能なコンポーネントを選択する必要があります。互換コンポーネントを使用すると、スタッタリングやタイムラグを防止しながら、冷却システムを合理化できます。

コンポーネントを選択する際は、総予算を念頭におきます。予算内で互換コンポーネントを備えたパソコンを完成させて、ゲームを思い切り楽しみましょう。コンポーネント間の性能レベルには大きな差がつかないようにします。レベルの劣るコンポーネントはパフォーマンスの足かせになります。

4Kでゲームを行う場合、例外的な場合を除き、推奨される高いレベルのスペックを常に選択します。

CPU/プロセッサ

大半のゲームはマルチスレッドの作業負荷、つまり複数のコアを持つプロセッサを必要とします。ただし、過剰な負荷は不要です。コアは4つあれば十分です。予算が少なく、最大設定でゲームを行わない場合は、2つでも問題ありません。

フルHDに関しては、2.5Ghzプロセッサ以上が必要です。最新のプロセッサはi7またはi5で、i7の方が高性能です。

装備をオーバークロックする場合、電力消費量が増えるだけでなく、パソコン内部の温度も上昇します。電源装置と追加の冷却システム
を選択する際は、この2点を必ず考慮しましょう。どちらを選択するにしろ、手持ち(または購入予定)のCPUがオーバークロックをサポートすることを事前に確認します。
プロセッサはオーバークロックをサポートするマザーボードと組み合わせる必要があります。

オーバークロックを設定しない場合は、プロセッサの付属ファンで十分です。パソコンを低温に保つ方法について詳しくは、こちらをご覧ください。

Computer processor (CPU)

マザーボード

ソケットのタイプはマザーボードとCPUで互換する必要があります。RAMについては、タイプ、速度、容量、サイズ、RAMスロットの数を使用するマザーボードパソコンケースで適合させる必要があります。拡張スロットとUSBポートの数が自分のニーズを満たすことを確認します。ほぼすべてのマザーボードにはLAN接続が付属しますが、ワイヤレス接続が必要な場合は、ワイヤレスアダプタ用ポートが必要です。ただし、最高仕様のマザーボードにはワイヤレス内蔵タイプもあります。

デュアルグラフィックスカードを使用する場合は、特別な考慮事項があります。まず、両方のグラフィックスカードが動作するためには、マザーボードに適切なSLI™ (NVIDIA® カード向け)またはCrossfire(AMD Crossfire™ カード向け)が必要です。1台のマシンで2つのグラフィックスカードが作動するように設定するのは、容易ではありません。このタスクをサポートする適切なドライバとソフトウェアが無ければ、ほぼ不可能です。グラフィックスカードをデュアルにすると、電力、発熱、ノイズが急増するため、パソコンの冷却システムと全般的外観への影響を考慮する必要があります。

サウンドカードは通常、マザーボードにプレインストールされているもので十分です。ゲーム用に追加する必要はめったにありません。

Computer motherboard.

RAM

RAMにはさまざまなタイプがあり、マザーボードの要件を満たす必要があります。大半の最新マザーボードでは、DDR3またはDDR4が採用されています。各RAMのデザインは明確に異なるため、マザーボードに誤って設置される心配はありません。この2つのタイプのメモリは物理的に異なります。

マザーボードのRAMスロットの数に応じて、増設可能なメモリ容量が制限される場合があります。通常、ゲーム用には16GBあれば十分ですが、マルチタスク、他の仮想マシンの作動などメモリ負荷の高いタスクを視野に入れる場合は、32GBも選択肢になり得ます。

Crucial memory

ストレージドライブ(HDD/SSD)

データ保存コンポーネントの選択肢には、オーソドックスなハードディスク(HDD)とソリッドステートドライブがあります。HDDを選択する場合、ゲームには7200RPMの回転数と8MBまたは16MBのキャッシュメモリが必要です。インターフェース、ATA、PATA、SATAは、マザーボード用にインストールしたものと一致させます。通常、ゲームのストレージサイズとして妥当なのは250GB~500GBです。有名なブランドの製品は、コストに見合う性能が得られるため信頼できます。格安HDDを購入すると、いずれ問題に悩まされることになります。

読み込み/書き込みのレイテンシーが少なく、ゲームの高速読み込みを重視する場合は、SSDを検討するとよいでしょう。SSDの場合も、ATA、PATA、SATAポートといった人気のインターフェースが使用されており、マザーボードの既存インターフェースと一致させる必要があります。SSDはHDDより高額なため、予算を慎重に検討してください。

Crucial solid state drive

ビデオ/グラフィックスカード

ビデオカードはゲーム内グラフィックスをサポートするため、選択したディスプレイ設定でグラフィックスをレンダリングできるタイプがおすすめです。明白なフレームレートラグを防止するには、2GB~4GBの専用メモリと30~60fps(フレーム毎秒)以上を安定的に実現するビデオカードがおすすめです。VRゲームでは、頭痛や吐き気を誘発するフレームレートのスタッタリングを防ぐために、90fpsに達するビデオカードが必要です。

モニターのサイズとリフレッシュレートによってはレベルを下げても構いませんが、1080pディスプレイには4GB以上が必要です。

この他、将来性があり、グラフィックス品質を自動的にベンチマークする DirectXをサポートする製品もおすすめです。選択するビデオカードに、解像度の高いDVI出力があることを確認します(モニターもDVIをサポートする場合)。パソコンにテレビを接続する場合は、HDMI接続(4K用HDMI 2.0)も必要です。デュアルモニターにする場合は、HDMI、DVI、VGAビデオなどを複数含むグラフィックスカードが必要です。使用する電力装置がカードの消費電力に対応できることも確かめましょう。ビデオカードのフォームファクタが選択したケースに適合することも重要な確認点です。

フルHDでプレイするには、600Mhzのコアクロックを備える必要があります。4Kゲームでは上級者向けに、
2つのグラフィックカードを縦列で実行(SLI/Crossfire)するシナリオも考えられます。

Graphics card

ケース

ケースは実用性に問題がなければ、比較的自由に選択できます。サイズと互換性は他のコンポーネントに合わせて選択します。大半のコンポーネントはスロットに収納されるようになっているため、パソコンケースには十分なコンポーネントの収納用スロットと換気スペースが必要です。最も一般的なケースサイズは、ミッドタワー(小型)とフルタワーの2つです。スペースに制限がある場合は、ミッドタワーをおすすめします。

すべてのコンポーネントの物理的収納に加え、冷却も考慮する必要があります。ケースのデザインは空気の流れにも影響します。ほとんどのコンポーネントで標準的な製品を選択し、オーバークロックを設定しない場合は、付属のファンで十分対応できます。放熱量の多いコンポーネントを選択した場合、予備のファンに加え、液体冷却システムも選択肢に入れましょう。

最後に、LED照明、ウィンドウ、興味のあるフォームファクタ、独自カラーなどの項目を検討します。こうした要素によって装備に個性を出し、好みの外見にできます。ケーブル管理は、パソコンの外見と冷却システムの両方と関係があり、パソコンの空気の流れを制御する、或いは、変化させる可能性があります。また、全体的外見を向上したり損なったりする可能性もあります。

Computer case with the side removed.

電源装置(PSU)

電源装置を軽視してはなりません。優れた装置は、各種コンポーネントに少なくとも3種類の直流(DC)電圧を提供します。大半のゲーミングPCではあらゆるコンテンツを実行するのに500W以上が必要です。また、コンポーネントのスペックにも注意が必要です。消費電力が高いコンポーネントを選んだ場合、消費電力に十分対応できるか計算しましょう。

モニター

4K環境でプレイする場合は、モニターには特に注意が必要です。予算内でリフレッシュレートが最大のモニター
(75Hz以上)を選択します。リフレッシュレートは、
1秒間に表示されるフレームの数(fps)を示します(たとえば、75Hzは最大75fps、120Hzは120fpsを表します)。モニターサイズに制限があり、60Hz以上を表示しない場合、120fpsで1080pを実行可能な高額パソコンを購入しても宝の持ち腐れとなります。

大型モニターを選択する場合は、ピクセル密度に注目します。ピクセル密度が高くなるにつれ、OSのスケーリングが問題になります。たとえば、Microsoft® Windows®は、200ppi前後でピークを打ちます。

適切なスペックを選ぶ過程を楽しみながら、ゲーミングPCをカスタマイズしましょう。

Computer monitor.

©2017 Micron Technology, Inc.All rights reserved.情報、製品および仕様は予告なく変更される場合があります。CrucialおよびMicron Technology, Inc.はいずれも、印刷や写真における誤記や脱落について一切の責任を負いません。Micron、Micronのロゴ、Crucial、CrucialのロゴはMicron Technology, Inc.の商標または登録商標です。MicrosoftおよびWindowsは、Microsoft Corporationの米国およびその他の国における登録商標または商標です。NVIDIAおよびSLIは、NVIDIA Corporationの米国およびその他の国における商標または登録商標です。AMD CrossfireはAMDの商標です。その他の商標およびサービスマークはすべて、その所有者に帰属します。


関連記事

すべての記事を見る
help desk software