ストアを選択

United States (USD) European Union (Euros) United Kingdom (GBP) Francais (Euros) Italiano (Euros) Germany (Euros) Japan (YEN) 中国 (亚洲)
速度が遅いコンピューターを改善する方法

速度が遅いコンピューターを改善する方法

まずはメモリとSSDのアップグレードから

コンピューターの処理速度が落ちてきて、応答がなかったり読み込みに時間がかかったりするのが常態化した場合、この問題を解決する最適な方法は何でしょうか。時間の無駄が問題なのに、問題を解決するためにたくさんの時間とコストを費やしたくはありません。コンピューターが本来の働きをしてくれさえすればいいのです。速度が遅いコンピューターを改善するのは難しく思えることがありますが、そんなことはありません。問題の原因がウイルスやマルウェアではないなら、メモリを増設してSSDに移行するだけです。(高度なコンピュータースキルを必要としない)この作業は数分で完了し、持続的な効果をすぐに得られます。



機能する理由:
コンピューターにおけるメモリとストレージの役割

メモリとストレージドライブ(ハードディスクでもSSDでも)は、システム内部の小さなコンポーネントですが、ほぼすべての処理に使われます。電源ボタンを押す、アイコンをダブルクリック、文書を保存、マウスカーソルを動かす、キー入力といった操作をするたびに、メモリやストレージを使っています。メモリやストレージが処理についていけない場合、操作のたびに待ち時間が発生し、それが積み重なります。

computer xray


Crucialメモリ

メモリのアップグレードでシステムが高速になる仕組み

次の処理を1つ実行するたびにメモリを使います。そのため、できるだけ多くのメモリが必要です。

  • マウスカーソルを動かす
  • インターネットブラウザで別のタブを開いたり閲覧したりする
  • キー入力でメールを書く
  • スプレッドシートを作成する
  • 写真や動画を編集する
  • ゲームをする、音楽を聴く、動画を観る
  • 複数のアプリケーションを同時に実行する

メモリはシステムが処理を行うために使うリソースのプールです。メモリが多いほど、システムが自由に使えるリソースが多くなります。つまり、システムによる処理が高速になり、一度に多くの処理を行えます。



Crucial SSD

ハードディスクからSSDに移行するとシステムが高速になる仕組み

SSDに保存したファイルやアプリケーションを読み込むのは、照明のスイッチを入れるようなもので、ほぼ瞬時に可能です。日常的なストレージ作業を実行する場合、SSDはハードディスクよりも平均6倍高速に処理できます。*

日常的な作業
処理時間(秒)
SSDは
どのくらい高速か
ハードディスク
ハードディスク
Crucial SSD
SSD

コンピューターの起動

41.22秒

18.87秒

2倍速

Google Chromeの読込®

21.22秒

3.25秒

7倍速

Microsoft® Wordの読込

14.25秒

1.54秒

9倍速

Microsoft® PowerPointの読込®

6.81秒

0.78秒

9倍速

Microsoft® Excelの読込®

6.75秒

1.00秒

7倍速

Microsoft® Outlookの読込®

7.91秒

1.09秒

7倍速

1GBのファイルの複製

33.97秒

7.37秒

5倍速

性能の大きな違いを生み出しているのは、SSDの新しいテクノロジーです。SSDは、時代遅れのスピニングプラッターではなく最先端のフラッシュメモリチップ上でデータにアクセスするため、ハードディスクよりも処理が高速で、消費電力が小さく、耐久性に優れています。破損しやすい極小の可動部がないからです。

結論

速度が遅いコンピューターの処理を待つ時間はいらだたしく、しかもその時間は積み重なっていきます。速度が遅いコンピューターを改善するために、大掛かりな変更を加える必要はありません。単純で持続性のある変更をいくつか行うだけで、たちまち継続的な効果が得られます。時間の無駄の問題から、Crucial®メモリSSDによるアップグレードで、時間を取り戻しましょう。




互換性のあるアップグレード。保証。簡単に使える2つのツールで適切なアップグレードを検索します。

役立つリソース

コストを抑えるなら、メモリは自分で取り付けましょう
時間を節約してコストを抑えるなら、SSDは自分で取り付けましょう
効率向上のために


所有権

本件ソフトウェアのあらゆる権利、権限、利益(特許、著作権、商標、企業秘密およびその他のすべての所有権、知的財産権を含みますがこれに限定されません)は、常にMTI(またはそのライセンサー)に帰属します。ライセンシーは、本件ソフトウェアに対する所有持分が、本契約に基づきライセンシーに譲渡されないこと、ならびに本件ソフトウェアは本契約の期間内に限り、本契約の範囲内でライセンスベースでのみ提供されることを承認し、これに同意するものとします。MTI(またはそのライセンサー)は明確に付与されるものを除くすべての権利を保有します。

  • 許容される使用

    1. ライセンシーは以下のことができます。
      1. ライセンシー所有のコンピューター1台に本件ソフトウェアのコピー1つをダウンロードしてインストールし、使用する。
      2. バックアップの目的に限り、機械可読な形式で本件ソフトウェアの追加のコピーを1つ作成する。
    2. ライセンシーは、適用される法で許容される最大限の範囲において、次の操作を行うことを禁じられています。
      1. 本件ソフトウェアの再許諾、転貸、リース、販売、配布、貸与、同時使用の許可、または本件ソフトウェアの他の権限の付与。
      2. コンピューターサービスビジネス、ネットワーク、タイムシェア、またはインタラクティブなケーブルテレビの取り決めにおける本件ソフトウェアの使用の提供。
      3. 本契約の譲渡。
      4. 対象部分を問わず、ソフトウェアの翻訳、コピー、変更、翻案、改変、リバースエンジニアリング、二次的派生物作成、逆コンパイル、逆アセンブル。

  • 無保証

    本件ソフトウェアは表明または保証を一切伴わずに、「現状のまま」かつ「利用可能」な状態で提供されます。MTIは本件ソフトウェアについて、エラーがないこと、バグがないこと、中断がないこと、時宜を得ていること、完全であること、正確であること、安全であることを提示ないしは保証しません。上記に限らず、MTIは、明示的か黙示的かを問わず、口頭または書面、法定またはそれ以外の形式によるあらゆる表明ならびに保証を明示的に否定します。これには、商品性、特定目的への適合性、権利を侵害していないこと、および権利の保証、また、取引、使用、商慣習の過程で生じる保証が含まれますが、これに限定されないものとします。上記の免責事項は適用される法の下で許容される範囲内において適用されます。

  • 責任の制限

    ライセンシーは、本件ソフトウェアのダウンロード、インストール、アクセス、使用、結果、およびパフォーマンスに関するすべてのリスクを負担します。いかなる状況、また、いかなる法的または公正な理論に基づく場合でも、また、契約、不法行為(怠慢を含む)、無過失責任またはそれ以外によるものであっても、本件ソフトウェアまたは本契約から生じた、あるいはこれらに関連した、収益または利益の逸失、データの損失または損傷、またはその他の商業的または経済的損失、もしくは直接的、間接的、付随的、派生的、懲罰的、または特別な損害について、そのような損害の可能性について通告されていた場合においても、MTIは責任を負わないものとします。上記の制限は、限定的救済措置が本質的目的を果たさない場合にも適用されます。適用される法によって明示的に禁止された範囲内において、本契約のいかなる規定も、MTIの責任を限定しないものとします。

  • 期間および終了

    本契約は終了するまで効力を維持します。ライセンシーは本件ソフトウェアの使用を一切停止することにより、いつでも本契約を終了することができます。ライセンシーが本契約のいずれかの条項を順守しない場合、本契約はMTIからの通知なしにただちに終了します。ライセンシーは契約終了時に、本件ソフトウェアのすべてのコピーを破棄する必要があります。

  • 米国政府がライセンシーの場合

    米国、またはその代理省庁、機関(以下「米国政府」)のために、またはこれに代わって本件ソフトウェアのダウンロード、インストール、アクセス、または使用される場合、その権利には制限が課されます。米国政府による使用、複製、または開示は、DFARS第252.227-7013節の「技術データおよびコンピューターソフトウェアにおける権利条項」のサブパラグラフ(c)(1)(ii)項、またはCFR48号第52.227-19節の「商業用コンピューターソフトウェア - 制限付権利」のサブパラグラフ(c)(1)と(2)で定める制限の対象となります。メーカーはMicron Technology, Inc.、所在地は8000 S. Federal Way, Boise, Idaho 83707-0006です。

  • 輸出制限

    本契約に基づき提供される本件ソフトウェアおよび技術データは、米国輸出管理法の対象であり、他の国々で輸出または輸入規制の対象となる場合があります。ライセンシーは、そのようなすべての法律および規制に厳格に従うことに同意し、ライセンシーがそのような輸出、再輸出、または輸入免許を適宜取得する責任を負うことに同意するものとします。

  • 準拠法

    本契約はアイダホ州の州法および米国連邦法に準拠するものとします。抵触法の原則は適用されません。また、1980年国際物品売買契約に関する国連条約が適用される場合には、明示的に除外されます。ライセンシーはいかなる訴訟についてもアイダホ州に所在する州裁判所および連邦裁判所が適切な法廷であることに同意し、こうした裁判所の専属的な人的管轄権および裁判籍に服します。そのような取引が禁じられている場所ではこの取引は無効となります。

  • 一般

    いずれかの法域において禁止または法的に強制不能とされる本契約の規定は、かかる法域に関して本契約から切り離され、本契約の残りの部分の法的効力をなくしたり、ほかの法域におけるかかる規定の効力や強制可能性に影響を及ぼすことなく、こうした禁止または強制不能が関わる範囲内で無効となります。本契約は、本契約の主題に関する当事者の完全な合意と了解事項を明記するものであり、本契約の主題に関して当事者間が事前に交わしたすべての議論と合意事項を包括しています。本契約の修正もしくは変更、または本契約に基づく権利のいかなる放棄も、MTIが署名した書面を伴わない限り、有効ではありません。