メッセージ・ダイアログ Display Update Message
userType : G

ストアを選択

United States (USD) European Union (Euros) United Kingdom (GBP) Francais (Euros) Italiano (Euros) Germany (Euros) Japan (YEN) Korea (WON) Russia (RUS) India (INR) Brazil (BRL) Mexico(USD) 中国 (亚洲)
Crucial Japan の Crucial 16GB DDR4-2666 RDIMM の画像

Crucial 16GB DDR4-2666 RDIMM

CT16G4RFS4266

  • ブランド: Crucial
  • フォームファクタ: RDIMM
  • 容量: 16GB
  • 保証: 制限付無期限保証
  • 仕様: DDR4 PC4-21300 • CL=19 • Single Ranked • x4 based • Registered • ECC • DDR4-2666 • 1.2V • 2048Meg x 72 •
  • シリーズ: Crucial
  • 製品詳細はこちら

    パソコンとの適合性を調べるこの製品がお使いのパソコンに対応しているかご確認いただけます。

    1
    2
    3

    There is no recommend related products

    Crucial 16GB DDR4-2666 RDIMM

    製品情報

    エラー訂正コードは、一部のDRAMチップでメモリエラーをキャッチして訂正するために使用されるロジックです。サーバーやワークステーションのメモリで最も一般的です。
    製品仕様
    ブランド Crucial
    フォームファクタ RDIMM
    容量 16GB
    保証 制限付無期限保証
    仕様 DDR4 PC4-21300 • CL=19 • Single Ranked • x4 based • Registered • ECC • DDR4-2666 • 1.2V • 2048Meg x 72 •
    シリーズ Crucial
    ECC ECC
    速度 2666 MT/秒
    電圧 1.2V
    DIMMタイプ レジスタード
    詳細情報

    Crucial登録DIMM

    サーバーのパフォーマンスを向上


    新しいサーバーを購入すると高額になります。今あるインフラをこれまで以上に有効に活用しましょう。サーバーに搭載されているメモリ容量を高密度のCrucial RDIMMで増強することが、作業負荷のパフォーマンスを向上させる最も簡単で手頃な方法の1つとなります。Crucial RDIMMは、データコマンドを管理し、サーバー内のデータフローの制御に役立つ登録チップを搭載しています。登録チップを使用しているため、Crucial RDIMMにはECCパリティが含まれ、データエラーの予防とシステム全体の信頼性向上に役立ちます。

    サーバーアプリケーションを高速化


    Crucial RDIMMを搭載することで、CPUの性能を最大限に引き出し、サーバーの潜在的演算能力を最大限まで高めることができます。メモリは通常固定(非共有)コンポーネントとして機能するため、共有可能なプロセッサやストレージディスクに比べ、通常はより大きいパフォーマンス制約となります。メモリ容量を最大限まで搭載することで、サーバーインフラへの投資を最大限に活用できます。

    IT予算をこれまで以上に有効活用


    レガシーDDRモジュールから最新のDDR4テクノロジーまで、Crucial RDIMMは、シングル、デュアル、クアッドランクのモジュールなど、幅広い構成で用意されています。Crucial RDIMMは、スペースに制約のあるシステムのエアフローや冷却機能を強化するため、VLPフォームファクタでも用意されています。

    OEMのサーバーと保証に適合


    サーバーに事前に取り付けられたコンポーネントをアップグレードし、目的のブランドを選択する方法と同じ要領で、メモリでも同じことができます。お使いのサーバーのメーカー保証が無効になる心配はありません。システムの互換性については、Crucial RDIMMは、最新のIntel Xeonプロセッサ製品ファミリに合わせて最適化され、すべてのコンポーネントとモジュールがテスト済みです。

    実行できる仮想マシン数を増やすと同時に、仮想アプリケーションの応答性を向上


    現代のほとんどの企業向けアプリケーションはサーバーに保存され、多数の仮想マシンに配置されているため、搭載したサーバーメモリの量が従来よりも大きな役割を果たします。通常は、サーバーで動作している仮想マシンのそれぞれに、ある程度の専用メモリ量が必要となるため、実行する仮想マシンが増えるほど必要なメモリ量も増大します。

    1