メッセージ・ダイアログ Display Update Message
userType : G

ストアを選択

United States (USD) European Union (Euros) United Kingdom (GBP) Francais (Euros) Italiano (Euros) Germany (Euros) Japan (YEN) 中国 (亚洲)
Crucial Japan の Crucial 4GB DDR4-2133 SODIMM の画像

Crucial 4GB DDR4-2133 SODIMM

CT4G4SFS8213

  • ブランド: Crucial
  • フォームファクタ: SODIMM
  • 容量: 4GB
  • 保証: 制限付無期限保証
  • 仕様: DDR4 PC4-17000 • CL=15 • Single Ranked • x8 based • Unbuffered • NON-ECC • DDR4-2133 • 1.2V • 512Meg x 64 •
  • シリーズ: Crucial
  • 製品の詳細をすべて表示

    お使いのシステムとの適合性は?お使いのシステムを選択して、この部品が対応しているかどうかを確認します。

    1
    2
    3

    Crucial 4GB DDR4-2133 SODIMM

    製品情報

    製品仕様
    ブランド Crucial
    フォームファクタ SODIMM
    容量 4GB
    保証 制限付無期限保証
    仕様 DDR4 PC4-17000 • CL=15 • Single Ranked • x8 based • Unbuffered • NON-ECC • DDR4-2133 • 1.2V • 512Meg x 64 •
    シリーズ Crucial
    ECC ノンECC
    キット数量 1
    速度 2133 MT/秒
    電圧 1.2V
    DIMMタイプ バッファなし
    詳細情報

    Crucial DDR4 SODIMM

    速度もバッテリー寿命も向上し、さらに大容量のメモリで次世代ノートブックを強化。

    絶えず変化を続けるテクノロジーの世界では、どのようなコンポーネントであっても、登場から5年も経過すればアップデートが必要になるのが一般的です。すでに7年が経過しているDDR3メモリは、このような状態にあります。このままでは、ノートブックが発揮できる能力が制限されてしまいます。

    2007年にDDR3メモリテクノロジーが発表されて以来、プロセッサの能力は2倍になり、SSDのスループットは革新的に増大し、グラフィックスカードのフレームレートも大幅に上昇する中、メモリは後れを取っており、性能を制約する要因となっています。Crucial® DDR4 SODIMMは、DDR3メモリのボトルネックを打ち破り、今までにないレベルのパフォーマンスを実現します。

    消費電力をさらに節約
    消費電力を抑えてバッテリー寿命を延長します。標準的なDDR3メモリの動作電圧が1.5Vであるのに対し、わずか1.2Vで動作するCrucial DDR4 SODIMMは、標準的なDDR3テクノロジーに比べ、消費電圧を20%も低減できます。Crucial DDR4 SODIMMはその他にも効率向上の機能を備えており、モジュールの全体的な消費電力削減量は最大40%に達します。1

    さらに高密度
    これまで以上に大容量のメモリをノートブックに実装できます。Crucial DDR4 SODIMMの最初の製品の密度は最大で8GBです。DDR4テクノロジーの進歩に従って、最大密度は32GBに達することが予測されており、DDR3システムの2倍のメモリ容量を実装できるようになります。ノートブックのメモリスロットは1~2基であるため、高密度のCrucial DDR4 SODIMMを利用することで、この制約を打ち破り、さらに大容量のメモリを搭載し、さらに高速なモバイルのパフォーマンスを達成できます。

    さらに高速
    アプリケーションをロードする時間が短縮され、リソースを多用するプログラムもスムーズに動作します。Crucial DDR4 SODIMMメモリの最初の製品のスピードは2133MT/s。DDR3モジュールに比べて30%以上も高速化しています。1

    帯域幅を拡大
    複数のアプリケーションのマルチタスキングも軽々とこなし、コンピューターの持つ力をフルに発揮できます。メモリ帯域幅が30%以上も拡大しているCrucial DDR4 SODIMMなら、コンピューターがより多くのデータを一度に処理できるようになります。Crucial DDR4 SODIMMは、次世代プラットフォーム向けに最適化されており、最大の帯域幅を利用できます。

    1製品のパフォーマンスと効率の向上は、DDR3とDDR4のメモリテクノロジーの比較データとして提示されています。2014年5月現在、標準的なDDR3メモリの速度は1600 MT/秒、動作電圧1.5Vであるのに対し、DDR4は速度2133MT/秒、1.2Vで動作します。電圧の低減とDDR4の他の省エネ機能すべてを計算に入れると、DDR4モジュールの推定消費電力は最大で40%削減されます。今後のDDR4テクノロジーの進化に伴い、転送速度と帯域幅はそれぞれ3200MT/秒と25.6GB/秒に、つまりDDR3テクノロジーの上限の2倍に達する見込みです。

    0